STAR-FlexVPN Giga

ブロードバンドVPNサービス【STAR-FlexVPN Giga】

完全クローズで柔軟なブロードバンドネットワークを低価格でご提供

近年、企業のネットワークはトラフィックの増加対策と適正なコストという2つの目的の実現を要求され、情報系の業務用途では、ブロードバンド回線を利用した安価なVPNサービスやインターネットVPNが増加しつつあります。
これらのVPNサービスでは、これまでフレッツ回線を多用されていますが、年々増加する通信量により、最近は通信速度の低下が課題となってきています。

サービスイメージ図
ネットワーク構成イメージ

STAR-FlexVPN Gigaは、NTT東日本・西日本が提供する「フレッツ光ネクスト」回線を利用した、広帯域且つ低遅延で安定したIPv6インターネットVPNサービスです。

ネットワークをワンストップ提供すると共に、様々な問題を一挙解決いたします!

※監視サービスはオプションです

サービスの特徴
広帯域

STAR-FlexVPN Gigaでは、IPv6 IPoE方式を採用することで、従来のフレッツ接続方式(PPPoE)と比べ、同じフレッツ回線品目でも広帯域の利用が可能です。

【サービス特徴】広帯域 NTT東日本
【サービス特徴】広帯域 NTT西日本
広帯域イメージ図
低遅延

従来方式(PPPoE)では、すべての通信がプロバイダ折り返しとなりますが、STAR-FlexVPN Gigaでは、NTT東西が提供するフレッツv6オプション(IPoE方式)を利用します。NTT東日本・西日本エリア内では、NGN網での折り返し通信のため、低遅延となります。

※NTT東日本とNTT西日本間の通信はSTAR-FlexVPN Giga網を経由します。

低遅延イメージ図
フレッツ網の輻輳回避

従来方式(PPPoE)は近年のトラフィック増大により、大都市などのユーザ数が多い地域では網内輻輳が発生しています。STAR-FlexVPN Gigaは、PPPoE網終端装置を経由しない構成により、輻輳を回避します。

フレッツ網の幅輳回避のイメージ図
半固定IPv6アドレスに対応

IPoE方式では、NTT東日本・西日本のNGN網内設備のメンテンンス作業により、 各フレッツ回線に割り当てられたIPv6アドレスが変わる可能性があります(「半固定IPv6アドレス」と呼ばれる)。

通常は一度割り当てられると殆ど変わることはありませんが、IPv6アドレスが変わった場合、VPNが切断されます。

STAR-FlexVPN Gigaでは、ダイナミックDNS(DDNS)とDDNSに対応したNEC製IXルータが連携し、新しいIPv6アドレスで自動的にVPNが接続されます。

従来サービスとの比較
  • 従来型との速度比較(東京⇔大阪)
従来型との速度比較
  • サイズの大きなファイル送信に要する時間を大幅に短縮
    • 広域のため、サイズの大きなファイル送信に要する時間は従来サービスに比較して大幅に短縮!
    • 同一エリア内であれば、さらに快適なご利用が可能
ファイル送信に要する時間比較
  • 掲載されている会社名、製品名、サービス名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。
  • サービス内容、販売価格は、改善等により予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。(2014年10月現在)


お問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
  • 東京:03-5785-6911
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:東京営業部
  • 大阪:06-6220-4500
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:大阪営業部
  • パソコンからのお問い合わせ
  • お問い合わせフォームへ
  • 受付時間:24時間受付可能
    後日、担当よりご連絡させていただきます。

※当社サイトに記載されている会社名、システム名、製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 東京:03-5785-6911
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:東京営業部
  • 大阪:06-6220-4500
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:大阪営業部

  • パソコンからのお問い合わせ
  • お問い合わせフォームへ
  • 受付時間:24時間受付可能
    後日、担当よりご連絡させていただきます。