AITalk®4 声の職人®

誰でもすぐに簡単!きれいな日本語作成 音声合成パッケージソフト AITalk®4 声の職人®|e-learningやIVRなど様々なシーンにご利用いただけます!

動作環境・仕様

動作環境 CPU Pentium4 またはそれ以上の互換CPU(1GHz以上を推奨)
メモリ 1GB以上(32bit)または2GB以上(64bit)以上
HDD インストールに2GB以上の空き容量が必要
※利用する話者が1話者の場合です。利用する話者数にしたがってより多くの空き容量が必要となります。
ディスプレイ XGA(1024×768)以上の解像度
サウンド DrectX 9.0c以降に対応したサウンドカード
光学ドライブ インストールにDVD-ROMが必要
OS
  • Windows10 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows8.1 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows8 日本語版(32bit/64bit)
  • Windows7 日本語版 SP1(32bit/64bit)
※64bit版は32bitモードでの動作となります
※VirtualPC、VMWare、Windows7のXP mode等の仮想環境を除きます。
※リモートデスクトップでは使用できません。
※Windows8、8.1、10でのご利用には、インターネット接続が必要です。
DPI 96DPIのみ対応
 * : 日本語解析エンジンにはBerkeley Software Distribution License(BSD)に基づいてライセンスされているソフトウェア(CaboCha/CRF++/ChaSen/Darts/NAIST-jdic/UniDic)を使用しています。
仕様 出力ファイル
フォーマット
(モノラル)
  • 44KHz16ビット PCM形式/32KHz16ビット PCM形式
  • 22KHz16ビット PCM形式/16KHz16ビット PCM形式
  • 11KHz16ビット PCM形式/ 8KHz16ビット PCM形式
  • 11KHz 8ビット PCM形式/ 8KHz 8ビット PCM形式
  • 11KHz μ-Law PCM形式/ 8KHz μ-Law PCM形式
 * : あかり、ななこ、こうたろう、あんずは22KHzおよび11KHzには対応しておりません。
 * : 44kHzおよび32kHzを選択しても22kHzおよび16kHzからの音質向上はありません。作成した音声ファイルのご利用の中で、44kHzおよび32kHzのファイルフォーマットが必要となる場合に選択してください。
  • 『AITalk®4 声の職人®』の機能紹介へ
  • 『AITalk®4 声の職人®』話者の詳細へ
  • 『AITalk®4 声の職人®』ご利用料金の詳細へ
  • 『AITalk®4 声の職人®』に関するお問い合わせページへ

※「AITalk」および「声の職人」は、株式会社エーアイの登録商標です。

開発元:株式会社エーアイ株式会社エーアイのホームページへ


お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 東京:03-5785-6911
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:東京営業部
  • 大阪:06-6220-4500
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:大阪営業部
  • パソコンからのお問い合わせ
  • お問い合わせフォームへ
  • 受付時間:24時間受付可能
    後日、担当よりご連絡させていただきます。

※当社サイトに記載されている会社名、システム名、製品名は各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 東京:03-5785-6911
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:東京営業部
  • 大阪:06-6220-4500
  • 受付時間:平日9:00~17:00
    担当:大阪営業部

  • パソコンからのお問い合わせ
  • お問い合わせフォームへ
  • 受付時間:24時間受付可能
    後日、担当よりご連絡させていただきます。