ニュース

2008年

2008年05月19日

ホテル向けに高速同軸モデム(ACLCシリーズ)システム導入

ソリューション情報 プレスリリース

情報通信ネットワークの設計・構築・運用を行うネットワークインテグレータのスターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:大橋建明、以下:スターネット)は、ホテル向けインターネットサービス環境の構築で、住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:松本 正義 以下:住友電工)製の高速同軸モデム「ACLCシリーズ」を採用し、2008年4月28日に新宮セントラルホテル(和歌山県新宮市)へ導入しました。 ※ACLCは住友電気工業㈱の登録商標です。

新宮セントラルホテルでは、インターネットサービス環境を構築するにあたり、既設の同軸ケーブルを用いて有線LANなどと比べ安価で容易に高速LAN環境を実現できるACLCシリーズに注目されました。

導入ポイント

以下の特長が評価され導入に至りました。

ACLCシリーズシステム構成イメージ図

  1. インターネット利用を希望される宿泊客にモデムを貸出す方式としているため導入台数を抑えられ初期コスト減が図れること
  2. 利用増時にはモデムを順次増設することで対応ができること
  3. 子機間のセキュリティ(相互通信禁止)が確保されるためホテル自身がインターネットで利用している業務用サービスも安心して受けられること


ACLCシリーズについて住友電工サイト http://www.sei.co.jp/clc/

ACLCシリーズACLCシリーズは住友電工が高速PLC技術を応用して開発した、既設のテレビ共聴用同軸ケーブルを用いて最大200Mbpsの高速ネットワーク環境の構築を可能とする高速同軸モデムです。 ACLC:Advanced Cable Link Communication


新宮セントラルホテル(和歌山県新宮市)設置例

ACLCシリーズシステム構成イメージ図 ACLCシリーズシステム構成イメージ図
ACLCシリーズシステム構成イメージ図 ACLCシリーズシステム構成イメージ図

本件に関するお問い合わせ先

スターネット株式会社
大阪営業部

TEL : 06-6220-4500


前のページへ戻る前のページへ戻る